託児所の上手な探し方

問い合わせの電話で聞いておきたいこと

受入時間、引取時間

同じ施設でも、曜日や状況によって異なる場合があります。

受入年齢

一時預かりの場合は、年齢的な制限があるところも多いです。
同じ施設でも、他の子どもの預かり状況や、保育士さんの勤務状況によって異なることもあります。

乳児のための場所または部屋が確保されているか(乳児をお預けになる場合)

何名の保育士さんが従事しているかもあわせて確認しておきましょう。

利用料金

初めての場合には、入会金や年会費が必要な場合があります。

その他

初回登録時に必要な物、冷凍母乳の可否、アクセス、駐車場の有無、送迎の有無など、ご利用の内容にあわせて聞きましょう。

問い合わせの電話で聞いておきたいこと

セキュリティを確認

入り口がオープンで、外部から誰でも自由に入り込むことができる状態になっていないか

ドア越しから、中の声を聞いてみる

子供たちの元気な声が聞こえるか
子供を怒鳴る声などが聞こえたりしないか

子供たちがいる保育室の中まで見せてもらいましょう

見せてもらえないところは????
漫然とテレビを見せつづけるなど、放任的保育になっている。
1人の保育士で多数の子どもを見ている。
・・・などの可能性があるので要注意です。

中の様子をしっかり見てみましょう

ハイハイする赤ちゃんのまわりで子どもが走り回っているような状態になっていないか
保育士さんと子供の数のバランスがとれているか
床にゴミが落ちていないか
物が乱雑に並んでいたりしないか(地震等で棚の物などが落ちてこないか)
手の届くところに危ないものが置いていないか
子どもがいきいきしているか

聞いてみましょう

健康管理(定期健康診断の有無)
災害の時のための避難口や避難階段の有無
病気時の対応(急な発熱などが起きた場合の処置は各施設によってさまざまです)

預ける予定のお子さんのことをいろいろ聞かれるか?

子供を預かる側としては、その子供の情報が欲しいはずです。
それなのに、お子さんのことを詳しく聞かれなかったり、登録用紙が簡素なものだと、逆に不安になります。
保育従事者が、自分がみている乳児の月齢すら認識していないといったところにはあまり預けたくないですね。